ブログ

「知的体力」のつけ方。体力の代わりに脳みそを鍛えよう。

 

こんにちは、みゆです。

 

今日は、『知的体力』について
お話ししたいと思います。

 

知的体力ってなに?

 
「知的体力」とは、
”脳みその体力”のことを言います。
 
 

体力というか、
「脳力」ってかんじでしょうか。

物事にたいして、
 
・どれだけ長いこと考えることができるか、
・どれだけ深く考えることができるか、
・どれだけの知識をインプットできるか、
・どれだけ上手くアウトプットできるか、
 
そういう力のことです。
 

 

私はこれまで、この
「知的体力」を高めることに
ひたすら時間をついやしてきました。

なんでかというと、
肉体的な体力がなかったからです。

私は元々重度のうつ病だったこともあり、
1日のうち2時間ほどしか
体がうごかせないときがありました。

そんな私が理想を実現する、
ビジネスで成功を掴むには、

「知的体力をつける」

これがたった一つの
夢を叶える方法でした。

 

知的体力を身につけるとどうなるの?

あくまで私の例ですが
ざっとこれまでの効果をまとめると、

私は「知的体力」を
ひたすら意識してきたえた結果、

  • 脳が活性化され、
    気持ちが前向きになったことで
    うつ病がなおった

  • 自分の価値観、考え方が変わって
    生きやすくなった

  • ビジネスの仕組化も
    まったくの初心者の段階から
    ロスなく最短で完成

  • 月5万、10万、30万、50万と、
    自動収益の仕組みも順調に
    成長させることができた

 

などなど、、、
良い効果がたくさんありました。

ちなみにこれ以外にも、
価値観が広がったことで、
共感できる人が増えたりとか、

だから話がもりあがることも増えて、
親しくできる人が増えたり、
毎日笑って過ごせるようになったとか。

 

自分と違う人の考え方も
柔軟に受け止めることが
できるようになって、

悲しみ、怒り、いらいらなどの
マイナスな感情を持つ機会も
かなり減ったりしました。

また、感情と思考を分けて考えることが
できるようになったので、
以前より状況判断が上手になったり、

いつも後悔のない納得のできる決断をする
判断力もつきました。

で、判断力が身についたおかげで
時間やお金もより上手に使えるように
なった、、、などなど、、、

他にも書ききれないほど、
実感できた良い効果がたくさんありました。

 

で、今日は「知的体力をつける」ことに
いままでコミットしてきた私が、
具体的にどんなことをしてきたか?

「知的体力をつける(脳を鍛える)方法」
についてお話していきます。

知的体力がつく5つの方法 

私が「知的体力」をつけるために、
やってきたことはこの5つです。

  1. 読む
  2. 聴く 超おすすめ!
  3. 他人の価値観、視点、考え方を知る
  4. 積極的にアウトプットする(声に出す、書く
  5. どれか一個でもいいから習慣にして続ける

 

(1)読む


まずは読むことです。

これは本でもいいし、
こうしたブログでもなんでも良い。

とにかく何かを読んでみるといいです。

で、こういうと
「本と発信系、どっちがおすすめですか?」
という質問とかありそうなので、
さきにお答えしておくと、

何を読もうか迷うときは、

「どんな知識を得たいか?」を
ポイントに考えるといいです。

体系的な知識や、専門的な知識を
 つけたいなら、本がおすすめ。

 <理由>

  • 本は校閲などを通してるから、
    わりと間違いない情報を学べる。

  • 複数の人の手が加わってまとめ
    られてるから網羅性が高い
    ものが多い。

  • 目次を読むだけでも
    物事の全体像がつかめる。

誰かの実践的なノウハウや知識、
 思考を学びたいなら、ブログ、
 メルマガなどの発信がおすすめ。

 <理由>

  • その人ならではのよりリアルな
    考え方、赤裸々すぎるエピソードや
    本音なども込みで学べる

  • いつもリアルタイムの知識、
    情報、考え方などが学べる

  • 追っていくと、その人の元々もつ
    背景や、過去の思考、裏側の
    考え方、戦略などが学べるので、

    その人の思考を自分の中にも
    インストールすることができる
    (同じ考え方ができるようになったりする)

ですね。

 

で、量はどれくらい
読んだらいいかというと、

べつに決まりはなくて、基準としたら
自分的に「ちょっとがんばってる」
くらいがいいと思います。

これは他のどの項目にも
いえるんですけど、

「脳をきたえる」ってなると、
一番大切なのは”継続する”
ことなんですよね。

そこは筋トレとかといっしょです。


脳をきたえるのも、
1
日にしてならずです。

あんまり負荷かけすぎても
つらくて続かないし、

逆に負荷がなさすぎだと
きたえることにならないから、

(そこも筋トレといっしょで、
ちょっとしんどいぐらいの時に
もうちょっとだけやると、
その時に一番効率よく育っていきます)

 

だから、
「ちょっとがんばるくらい」がベストです。

 

なので、たとえば

本なら、1日1冊だと結構きつい人も
多いとおもうから、

「1日3ページ」とか、
「3分ぱらぱらーとめくるだけ」とか、
「目次を読むだけ」とか、

そう言う程度でもOKです。

それでもやっていったら、
1日1つは必ず新しい学びがあります。

 

発信系とかだったら、

「1日1つ記事をよんでみる」とか、
「届くメールだけ読んでみる」とか、

もっとライトなものだと
「その人のSNSだけ毎日開いてみる」とか、

それだけでもOK。

 

もちろんもっとできる人は、
やったらやった分だけ力になるから
それはすごくいいですけどね!

で、そういう人は、
たとえばオススメなのは、
本だったら1つのジャンルに特化して

・3~5冊ぐらい探して読む

・1冊を徹底的に読む
(覚えるぐらいまで読めると強い)

とかすると、
それだけでその分野について
ある程度専門家になれます。

 

で、そうしてある程度
なにかの専門家になれると、
それだけで結構人の役に立てたりするし、

意外と他の物事にもそのまま応用して
使える知識、考え方も多いから、

いろいろな場面で、「話がおもしろい人」
とか「〜について聞くなら○○さん」とか、

周りの人から重宝されるようになるし、
実際役に立てるとやりがいを感じたり、
嬉しいことも多いと思うので、
これは超おすすめです。

丸一日とか3日とか1週間とか
集中してやってみると、
短期間でもかなりの専門家になれますよ。

私も丸1日とか空いてる日があったら、
カフェに本だけ持って行って、
こもってひたすらインプットして、

次の日以降はある程度そのジャンルに
詳しくなる、ということをやっています。

あとは、発信系だったら、

たとえば気に入った人がいたら、
その人のブログやメルマガやSNS
発信をすべて追いかけて

「ストーキングレベルで」見ていく。笑

これは実際私がビジネスを学ぶ中でも
やりまくってたことなんだけど、

「この人」って人をひとり決めて
その人を徹底的に追いかける。

書いてるもの全部みてやる!ぐらいの
勢いで、ありとあらゆる媒体でその人の
書き物を見る。

 

そうすると、その人の
表の言い分だけじゃなくて、

その背景にある考え方、

もっというと”思想”とか、
”価値観”っていう部分が
ちょっとずつわかるようになります。

 

そうすると、本音と建て前とか、
(人間だれしも本音と建て前がある)

裏側の思考とか、戦略とか、
そういう部分まで見えるようになってきて
その人の考え方を自分もある程度
真似できるようになってきます。

迷った時に、
「あ、でもあの人なら
 こういうだろうな」とか、

「こっちを選ぶだろうな」とか、

わかってきて、その通りに選択していったら
実際に失敗が少なくなるといった現象が起こります。

結果、迷うことも格段に減るし、
自分に自信もつくようになります。

当然そこまでいけば結構知識もついてる
状態だから、元の自分より色々なことが
できるようになっているはずです。

これはまぁ本でもその著者の本とか
かき集めて全部読む、とかもできる
ちゃっできるけど、

本だとあんまり生々しすぎること
は書いてなかったり、

情報が時系列でおいづらかったり、
その時々のほやほやの情報とかは
なかったりもするから、

相手の思考を自分にコピーしたい、
実生活に直結する、リアルな学びが欲しい
と思ってる人は、発信系を追うのが
すごくおすすめです。

 

(2)聴く 超おすすめ!

これは「音声学習」です。

何かを”学ぶ”ってなったときに、
読む、書くは誰でもやるんですけど、

案外”聴く”ってやってる人少ないんですよ。

 

 

でも、たとえば日本語って
わざわざ読み書きしなくっても
話せるように上達してたと思うんですけど、

あれはどうやって学んだかっていったら、
”聴く”ことで学んだんですよね。

 

だから知識の定着、
学びのスピードの側面からみても、
効率の良い学習法であることは
まちがいないんですけど、

 

あまり馴染みのない人がおおいのか、
「音声学習」って使ってない人が多いです。

 

でも効率よく知識をつけたいなら、
使えるものは全部使った方がいいし、

「聴く学び」は早いうちから
味方にした方が断然有利です。

 

で、音声学習のいいところは、
主に3つあって、

  1. 得られる知識量が桁違いになる
  2. 情報の処理能力が高くなる
  3. 頭の回転が早くなる

ということです。

 

得られる知識量が桁違いになる

まず音声の場合は、
文面のものにくらべて、
はいっている情報量が格段に多いです。

 

一度適当にでも3分とか
人が話しているものを書き起こしてみると
わかると思うんですけど、

音声だと一瞬に感じるものが、
文章だとものすごい量になることに
おどろくと思います。

 

要は、文章よりも、
音声の方が「短い時間で多くを学べる」
んですよね。

 

しかも音声には文章には表現しきれない
微妙なニュアンスとか、
相手の声色などの感情とか、

知識だけじゃなくてそこに付属して
学べるものが多いのも良いところです。

 

特にその人の経験などを語っているものは、
共感も交えてきくことで、
自分もそれを経験したような感覚になれて、
記憶にも残りやすかったりしますし、

追体験っていうような、自分も間接的に
それを経験できたような学びとか、

人生のうちで知ることのできる感情、
出来事の量が倍増していく感覚もあります。

 

話のネタとか引き出しも増えるし、

実際人とコミュニケーションをとるときの
上手な言い回しとか、話し方、語彙力
なども一緒に学べて身につきます。

 

情報の処理能力が高くなる

人が受け取る情報って、
聴覚情報は38%、視覚情報は55%、
文字情報は7%っていわれてます。

で、これみると、
「見た方が学びの効率良さそうじゃん?」
って思うかもしれないんですけど、

 

見る情報に頼りすぎると、
情報は受け取りやすいんだけど、

そのぶん情報量に頭がやられて
考えることをしなくなる、
という側面があります。

 

ずっとテレビを流しっぱなしで
育てられた子どもが思考力が低下する
っていうあの現象が起こってしまいます。

心理学でも、脳科学でも
言われてることです。

一方で、音声学習って、
多少そこに文字、視覚を含むにしても、

基本的には音声なので、
頭に少し考える余裕ができるんですね。

 

これは実際やってみるとわかるけど、
イヤホンさして音声をきくとしたら、
メインで受け取る情報は耳だけ、

あとは目も、手も空いてますよね。

そうすると、耳で聴きながら、
入ってくる情報に対して
色々なことを考えるようになります。

で、この時にたとえば
同時にメモをとるとかすると、

インプットとアウトプットを
同時にするので、

かなり思考が鍛えられるうえに、
記憶の定着率も桁違いになります。

音で聴いて、
頭で考えて、
手を動かす
(受け取った情報を書くとか、
 打つとかしてアウトプットする)

これを続けてると、
情報の処理がすごく得意になります。

私は今では書き取りが結構得意で、
書き取ったメモとかを人に見せると、
一緒にいた人から

「え、もしかして録音してたの?」
「書き起こしした?」

とか言われてしまうことがあるんですけど、

これは完全にこの訓練で
身につけた得意技です。

この能力は偉い人の話を聞くときとか、
突然降ってきた良いお話を聞けるとき
などにも、めちゃめちゃ役立つので
すごくおすすめです。笑

 

やっていくとわかるけど、
徐々にメモを取れる量が増えたり、

受け取れる情報の正確さが
上がって行ったりするので、

そういう成長を自分の目で確認できるのは
すごく自信にもなるし楽しいです!

訓練すれば誰でも身につけられる
スキルです。

 

頭の回転が早くなる


で、さらにおすすめなのは、
音声を「速度をあげて」聴くこと。

ただでさえ、情報量の多い音声を、
さらに倍速できくと、得られる情報量も
その分また何倍にも増えます。

そのスピードで情報を得ていくと、
自分の思考もそのスピードに近く、
っていう現象がおこってきます。

 

これはいろいろいうより、
一度体感してもらえたら楽しいんだけど、

はじめは倍速はきついと思うんだけど、
1.2倍速→1.5倍速→2倍速とか
徐々にスピードをあげて聴いていくと、

はじめは全く聞き取れなかったものが、
そのスピードに思考が慣れて
どんどん聞き取れるようになってきて、

聞き取れるようになるだけじゃなくて
理解もできるようになってきて、

そのうち倍速でも「遅いなー」
って思うようになってきて、笑

 

そうなると音声聴きながら
そのことについて思考しながら、

全く別のことも考えられるようになる
っていう、ミラクルが起こるように
なってきます。

 

これは、
浴びるようなスピード感の知識の
インプットにも耐性がついた、

頭の回転が早くなったことで
同じ時間で思考できる容量も増えた、

っていう、まさに
「知的体力が鍛えられた」状態です。

 

これ、いちど体感すると、
結構忘れられない感動がありますよ!

 

体調すぐれない人は聞き流すだけでOK

あと、これは補足なんですけど、
「音声学習」っていうと、

真剣に聴かなきゃ!って
思っちゃう人が多いと思うんですけど、

実はそんなこともないです。

 

さっき言った日本語を覚えた時の話とか
考えてもわかると思うけど、

そのときって「単語おぼえなきゃ!」とか
「言い回しおぼえなきゃ!」とか

真剣に聴いてたわけじゃなくて、
ただ聴き流してただけじゃないですか。

 

そこからもわかるように、
別に知識のインプットって

「真剣に聴かなきゃ」できないわけじゃ
ないし、身につかないわけでもないです。

だからまずは日常生活で
聴き流すだけでも十分です。

聴き流してるだけでも、
思考の流れは形成されるし、

繰り返し聴けば、知識が入ってくるから
それだけでも十分濃い学びができます。

私自身、うつ病が重い時は、
聴覚が過敏になりすぎて、
音声聴くと疲れやすかったんですよね。

だから聴こえるか聴こえないか
ぐらいでうるさくない程度に
聴き流すところから実践してたし、

それでも実践するうちに、
頭の回転スピードは徐々にきたえられて
早くなっていきました。

だから聴き流しは正義です。

 

で、それでも
すぐにはできそうもないーという人は、

好きな音楽を聴き流すところから
始めるのもすごくおすすめです。

 

日常の好きな曲をきくところから、
徐々にならしてみるといいですよ^^

曲を聴くのはまずは
自分の生活にリズムをつくるとか、

行動のスピード、思考のスピードを
コントロールするのにも効果的だし、
(ノリのいい曲を聴いてると
 自然と歩くのが早くなるとか、
 軽やかに動けるとかそういう現象)

 

あとは、学習という部分でも、

歌詞の意味などを考えながら
聴いてたりすると、結構思考の
トレーニングになったりします。

曲には人の感情やストーリーなどが
詰まってるので、人間心理を学ぶ題材、
語彙力の強化とかにも役立ちます。

私も歌詞に意識を向けて、

良いと思った言葉を書き留めて、
ビジネスのアイデアとして応用したり、

異性の気持ちとか感情を知る教材
みたいにして使ったり、

色々音楽からも学ばせてもらってます。

 

(3)他人の価値観、視点、考え方を知る

 

これは1、2をやる時に意識すると
とっても効果的という部分です。

ただ「読む」、ただ「聴く」
だけじゃなくて、

「この人がこういう考えを持つようになった
 原因、要因は何だろう?」とか、

「どういう背景があったんだろう?」とか、

「この人はどういう目的でこういう
 話をしてるんだろう?」とか、

「これは他の人の立場からすると
 どう見えるんだろう?」とか、

そういうことを考えながら
知識をインプットしていくと、
思考力がかなり鍛えられます。

で、思考力がきたえられるだけじゃなくて、

色々な価値観を知ることで
視野が広がったり、

色々な人や物事の立場とか状況を知って
共感力が磨かれたりしていきます。

 

(4)アウトプットする
  (
書く、声に出す

これは日頃、学んだこと、気づいたことを
それっぱなしにしないで、

  • メモをとる(書く)、
  • 声に出す(音声メモとか、
    誰かに学んだことを話すとか)

 

するとすごく良いということです。

 

人の知識の定着の話で、
「ラーニングピラミッド」
っていうのがあるんですけど、
(これです。↓)

くわしく話すと長くなっちゃうので、
また今度にしますが、

大事なことだけ言うと、

基本的に人って学んだこととか
すぐ忘れちゃうんだけど、

自分からすすんで何かをする
”能動的な”行動にかえると、

記憶に変わって、
自分の中に定着させやすくなるよ!

っていうことです。

 

上の図でいくと、
グループ討論以降がそれに該当するけど、

書き取りとか、音読をすると、
知識の定着率は75%以上になるし、

それを人に話す、教えると
90%以上になるっていうことですね。

 

せっかく知識をいれても、
入るように訓練しても、

それをわすれちゃって使えないんじゃ
もったいないので、

こうして定着率を高める努力をすると、
知識が資産にも変わっていくから
すごくいいですね。

そのアウトプット先として
ブログとかSNSをつかってみる
っていうのもすごくいいと思います。

(人に教えるって意識まで働くから、
知識の定着率が全然かわる)

 

(5)どれか一個でもいいから習慣にして続ける


最後にこれです。

ここまで言ったことは
ぜんぶやろうとするとハードルが高い
かもしれないので、

自分にあったものをどれか一つ実践する、
続けるというのでも大丈夫です。

もちろん組み合わせられれば
一番いいですけど、それで億劫になったり
全然つづかないとかだったら、

やりやすいものを一つだけ選んで
実践できれば全然OKです!

 

それか、期間で力を入れるものを
変えて実践してみるのもいいですね。

 

ただ、

(3)他人の価値観、視点、考え方を知る
(4)アウトプットする(声に出す、書く

は同時進行できるものだと思うので、
組みあせていくといいかなと思います。

で、続けることの大切さは、
「(1)読む」のところでもいった通り、

脳みそを鍛えるのも筋トレと
原理はいっしょだからです。

あんまり負荷かけすぎても
よくないし、

逆に負荷がなさすぎると、
きたえることにならないから、

一番いいのは、
「ちょっとがんばってる」ぐらいの程度。

”自分の限界を毎日ほんの少し超える”
ぐらいの行動を続けていると、

日々能力が向上していきます。

 

脳をきたえるのって、超楽しい。


今日話した「知的体力をつけていく」って、
実際やってみるとわかると思うんですけど、

結構楽しいことです。

 

実際これらの内容を
実践してみてくれた人からは、

「本当に頭の回転が
 よくなってきた気がする」

「大事な考えごとをするときに、
 状況整理がスムーズにできてたすかった」

「自分でいうのもあれだけど
 問題解決能力があがったと思う笑」

などなど、、、

自分に自信がついたとか、
迷いが消えて前向きになったとか、

毎日賢くなれてる気がして
気分がいいとか、嬉しいとか。笑

みんな変化を実感できるのが
けっこう楽しいみたいです。^^

やっぱり自分の成長を実感できる
瞬間ってなにより嬉しいし、
楽しいですよね。

 

あと、人の脳みそって
新しいことに喜ぶように
できてるんですね。

新しい刺激に反応すると、
快楽物質がでるから、
純粋に楽しいって感じたり、
ポジティブになれるし、

脳に信号がながれて、
記憶力をつかさどる海馬、扁桃とかが
刺激されて、記憶力が高まったりもします。

本当にいいことづくめです。

 

しかも人の脳みそだけは、
どんな時代になっても、
何があっても、

誰にもうばわれることのない、

1度豊かにすれば
2度と減ることがない
いちばん安全で強力な資産です。

身につけた知識も一生自分の味方です。

今回お伝えしたことは、
どれも寝たきりだった私でも
できた方法なので、

本当にやれば誰でもできるし、
とりくむほど着実に
脳はきたえられていきます。

 

ぜひ気楽な気持ちで、
できるところから自分の生活に
とりいれてみてください。

 

 
少しでもみなさんの生活に
明るく前向きな変化が訪れますように。
 
 
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 
それでは今日はこのへんで。^^

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は一昨年ビジネスに出会い、
今は29歳で、独立起業して
2年目を迎えています。


ビジネスを始めた当初は、
うつ病で1日2時間しか
体が動かないような状態でした。


知識も技術も経験も人脈も
全くのゼロスタートでした。


そんな私でも、ビジネスに出会って、
すこしの間だけ真剣に取り組んだところ、
気がつけば人生一気に変わってました。


ビジネスを学ぶ過程で、戦略を立てる力、


人の心を動かす方法、目標達成のコツ、
人間関係のより上手い築き方など
これまでの人生では学べなかったことを
沢山知ることができました。


結果的にうつ病も完治し、

毎日がぐっと”生きやすく”なりました。 



その経験から、
今がどんなに絶望的な状況でも、
生きてさえいて、意志さえあれば、

人生はどこからでも逆転することが
できると確信しています。


そして、そういう人が一人でも
増えれば、 一人一人に活気が溢れ、
世の中の価値やサービスは進化し、
社会全体もこの国ももっと明るく
豊かになると本気で思っています。


 
「個人の幸せの絶対量を増やす」

ことが私の行動理念です。


お金、時間、心、体の自由を手に入れ、

自分の人生を思い通りに生きられる人を
一人でも多く増やすべく発信しています。

また、メルマガでは、
より具体的な思考法、最新の知識、事例、
情報などブログでは話しにくいことも
お話ししています。

興味のある方は、
ぜひメルマガも登録してみてください。

読むだけで「人生の自由度が高まる」みゆの公式メールマガジン


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!
と思われたら、
SNS等でシェアして
いただけると
すごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


follow us in feedly
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です