ブログ

動物たちを幸せにしたい想いに共感したので、イノシシ牧場に投資してみた。

 

こんにちは、みゆです。


実は先日、
面白いクラウドファンディングの話を聞いて
見てみたら内容にとても共感できたので、
私も投資してみました。

 

 

クラウドファンディングってなに?
って思った人もいるかもしれないので
一応簡単に説明しておくと、

何かを「成し遂げたい人」と
それを「応援したい人」が繋がって、
一つの物事を完成させる事業のことです。

 

もっと具体的に言うと、
やりたいことがあるけど
資金が足りないという人が、
その具体的な構想や想いをネット上で伝え、

それを見て賛同した人がお金を投資して
物事を進めていける事業のことです。

 

 

海外では10年以上前から結構広がってた
みたいなんですけど、
日本ではここ3、4年
ぐらいで浸透してきたかんじですよね。

世界で最も有名なのは、
Kickstarterというサイトで、

日本だと、CAMPFIRE
今回私が使ったMakuake
なんかが有名どころです。

 

 

実際の事業としては、
有名なのでいうと、

能年玲奈ちゃんが声優やってヒットした
「この世界の片隅に」ってアニメ映画とか、

あとは廃校の立て直しとか、
伝統工芸品を盛り上げる計画とか、
色々なものがあって結構盛り上がってます。

 


で、私が今回支援してみたのは、
動物園の復興計画です。

 

かなり大規模な復興計画で注目

 

動物園は、「東筑波ユートピア」という
茨城県にある動物園。

バブル崩壊後、客足が遠のいてしまって、
毎年約500万円の赤字経営がつづき、
去年にはとうとう6日連続来場者0人。


「日本一お客さんのこない動物園」
とも言われてしまったところ。

 

 

計画は、閉園危機が迫っている現状を
「イノシシ牧場」という目玉を作ることで
逆転したいというもの。

 

そうして、この園で暮らしている動物たちを
”守りたい”というものでした。
(閉園になると、この園の動物たちは行き場
を失くし最悪の場合殺処分になってしまう)

 

 

でも、再生に必要とされた目標資金は、
なんと「4000万円」。

 

これクラウドファンディングの中でも、
相当高い額で、当初は本当に集まるのか?!
とかなり心配されていたのですが、、、

 

目標を1000万以上超えて資金が集まる。

 

結果的に、目標金額の4000万円を
はるかに上回り5600万円の資金が
集まったんです。

募集も現時点でまだ10日ぐらいあるから、
まだまだ伸びるかもしれないです。

現状1万人以上の人が、
この計画に賛同、支援をしています。

 

私もこのうちの一人で、
動物たちの殺処分という悲劇を
なんとかして避けたいから助けになりたい
と思って支援させてもらったんですけど、


今回のことって、振り返ってみると、
集まった金額、支援者数ともに
かなり異常な数字なんですよね。

 

 

それで、「なんでこの計画がこれだけ
多くの支援を集めたのか?」っていうことに
すごく興味がでてきてしまって、笑

ビジネス的な視点でちょっと考えてみました。

 

どうしてこんなに多くの支援を集められたのか?

 

結論からいうと、
”動物を守る” という理念・信念が、
強い共感を呼んだからだと思いました。

 

↓園長さんの想い↓


 

 

今回の計画をみてみると、
赤字続きだった背景と一緒に、
”今日までどうやって園を存続してきたか”
っていう想いが書かれてるんですけど、

 

「飼育スタッフによる愛情と責任」
と書かれてるんですよね。

 

 

実はこの園、志村動物園という番組でも
特集されたみたいなんですけど、

これ単にメディアで取り上げられたことが
この結果につながったんじゃなくて、

このときの特集を通じて大勢の人が、
園長さんや飼育スタッフさんの
「ファンになった」っていうのが
大きな原因だと思われます。

 

支援ページには ”応援コメント”っていう
支援者がメッセージを投稿できる場所がある
んですけど、そこを
見ると顕著で

「ファンです」「感動しました」
ってコメントがすごく多い。

 

具体的には、
「動物たちへ注ぐ愛情と
志に感銘を受けました」とか、

「動物たちのために一生懸命になる姿を
尊敬しています」とか、

「人との繋がりや命を大切にする想いに
胸が締め付けられました」とか、

 

等身大で飾らない園長さんや、
スタッフさんの人柄に親近感が湧いた
っていうのもあるみたいですけど、

一番は、園長さんやスタッフさんの熱意と
動物への深い愛情が、メディアを通して
より強く多くの人に伝わり、
その結果
これだけ大きな支援になったという印象でした。

 

 

また「ユートピア(理想郷)」っていう
園の名前にも理念がこもってて、

「動物たちのためのユートピアを作りたい」

「動物たちを幸せにしたい!」

っていう開園当初からの想いが、
名前のおかげでよりダイレクトに伝わった
っていうのも要因の一つのように感じました。

 

支援者の声みて思ったんですけど、
外国人の支援者の方が結構いたんです。

「Thank you to helping the animals」
(動物たちを助けてくれてありがとう)

って書かれていたりもして、

 

「動物たちを幸せにする」
っていう、とてもわかりやすい、
明確な想いを掲げていたこと、


またそれを名前とメッセージとで、
一貫して発信し続けていたことが、
国を超えた支援にも繋がったんだなぁと
思いました。

 

想いの届け方、伝え方という点で、
また一つすごく勉強になりましたね。

 

今後の展望が楽しみ


また、この園の場合は、

「みんなに愛される園にしたい」
「みんなに喜んでもらえる園にしたい」

って想いも人一倍強いように感じました。

 


クラウドファンディングってやっぱり
成し遂げたい人と応援する人とが双方向で
繋がる、いわば ”コミュニケーション”の
ツールでもあるので、

 

投資してもらった分、
”支援者にどう応えるか””喜んでもらうのか”
っていうのもすごく大事になってきます。

 

その点今回のこの計画は

「自分たちにしかできない
喜ばせ方をしよう」

と工夫したのも効果が大きかった
ように思います。

 


この工夫が、復興の目玉
”イノシシ牧場”ってやつなんですけど。


Endemic Zoo(エンデミックズー)
”その土地特有の動物園”
というコンセプトで、

茨城のこの土地特有の自然や
広い敷地を存分に生かして、
数十匹のイノシシが自由に走り回れる
牧場を作ろう!と。

 

「イノシシ牧場」なんて
あまり聞いことがないし、
しかもイノシシって意外と
見たことないじゃないですか。

 

”イノシシが出た”とか、ニュースでわりと
名前はあがるし、比較的身近な動物だけど、
意外と詳しい生態とか知らない人が多いはず。

 

畑を荒らしてしまったとか、気性が荒いとか
そんな怖いイメージだけ持ってしまってる人
も多いと思うんですけど、


実はイノシシって警戒心が強くて臆病で、
びっくりするから暴れちゃたりするだけで、
かわいらしい部分もあるんですって。


今回はそういうイノシシたちの本来の生態を
間近で観察、触れ合いもできるようにして、
理解を深めてもらおうという計画でもある
ようです。

 

イノシシも山から降りてきて人を襲って
しまったり、そういう悲しい出来事で
人に怖がられたり、怯えられたりするだけ
じゃなくて、

その生態をちゃんと人に知ってもらうことで
少しでも良いイメージを持ってもらえたら
いいですよね。

 

今回の牧場は、そういうイノシシにとっての
”ユートピア”にもなればという想いも
込められているように感じます。

 


また、完成時には、
資料館も併設して
建てられて、本格的に学びの提供も
するようです。


この”学びの提供”も価値提供として
大きいですよね。

 

みんな見たことないことや、
知らないことには興味を持ちやすいですし、
意外性や学びがあったら他人にも薦めたく
なります。


そしたら口コミも起こりやすいし、
開園したらやっぱり話題になるんじゃない
かなとも思います。

私もイノシシ牧場って実際見てみたいし、
行ってみたい!って、すごく思いました。
(ていうか、行けるコースに申込したので、
完成したら行ってこようと思います!笑)

 

 

そんなかんじで、
このプロジェクトは、
目標金額も無事達成したので、

動物園も動物たちもちゃんと
生き残っていけそうです。

本当に良かったなとほっとしました。

 

やっぱり世の中って、
お金がないと守れないものって
どうしたってあると思います。

逆にお金があれば、
こうして誰か助けたい人がいたときに、
その人を助けることができます。

 

私は自分がイノベーションを起こしていく
とか、そういうことにはあまり興味がない
のですが、

こういう人たちを支援することができる
存在にはなっていきたいと思います。

 

自分の守りたい人や守りたいものを、
自分の手でちゃんと守っていける人間
になりたいです。

 

だからこそ、今後もビジネスには
気合を入れて打ち込んでいこうと
思っています。

 

今回のような機会もまた増やして
いけるように、日々積み重ねで
頑張っていきたいと思います!

それでは!

 

P.S 赤ちゃんコーナーが一番楽しみ

園が完成したら招待券送られてきて
向こうにいくこともできるんですけど、
私は赤ちゃんコーナーが一番楽しみです〜

 

ウリボー(イノシシの赤ちゃん)
って、
めっちゃかわいいんですよね。

「東筑波ユートピア」公式twitterより引用
※twitterからもスタッフさんの
キャラクターとアットホームな感じが
すごい伝わってきていいかんじでした。
フォロワーも結構な数ですし、
みんなに愛されてるのがわかります。

 

個人的には母親が干支イノシシなので、
ちょっとイノシシに興味っていうのも
あったんですけど。笑

資料館もできるし、行った時は母親に
プレゼンできる並みにイノシシの生態
がっつり学んでこようと思います!笑 

あ、母親と行くものありかな。

 

とにかくオープンがとっても楽しみです!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は一昨年ビジネスに出会い、
今は29歳で、独立起業して
2年目を迎えています。


ビジネスを始めた当初は、
うつ病で1日2時間しか
体が動かないような状態でした。


知識も技術も経験も人脈も
全くのゼロスタートでした。


そんな私でも、ビジネスに出会って、
すこしの間だけ真剣に取り組んだところ、
気がつけば人生一気に変わってました。


ビジネスを学ぶ過程で、戦略を立てる力、


人の心を動かす方法、目標達成のコツ、
人間関係のより上手い築き方など
これまでの人生では学べなかったことを
沢山知ることができました。


結果的にうつ病も完治し、

毎日がぐっと”生きやすく”なりました。 



その経験から、
今がどんなに絶望的な状況でも、
生きてさえいて、意志さえあれば、

人生はどこからでも逆転することが
できると確信しています。


そして、そういう人が一人でも
増えれば、 一人一人に活気が溢れ、
世の中の価値やサービスは進化し、
社会全体もこの国ももっと明るく
豊かになると本気で思っています。


 
「個人の幸せの絶対量を増やす」

ことが私の行動理念です。


お金、時間、心、体の自由を手に入れ、

自分の人生を思い通りに生きられる人を
一人でも多く増やすべく発信しています。

また、メルマガでは、
より具体的な思考法、最新の知識、事例、
情報などブログでは話しにくいことも
お話ししています。

興味のある方は、
ぜひメルマガも登録してみてください。

読むだけで「人生の自由度が高まる」みゆの公式メールマガジン


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!
と思われたら、
SNS等でシェアして
いただけると
すごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


follow us in feedly
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です