ブログ

満員電車の通勤は避けて通れる苦行

 

こんにちは、みゆです。

先日の金曜日お出かけしたのですが、
帰りが遅くなってしまい、
久々に満員電車に乗ることになりました。

 

で、思ったんですけど、
あれやっぱりめっちゃきつい!

 

朝はきついよなーって思ってたけど、
夜もなかなかにきっつい。
お酒飲んでる人とかもいると余計ですね。
液体事故の可能性もあるし、、、

電車乗ってるだけなのに、
完全に一仕事終わった感。

本当に混み方がすさまじくて、
足置く隙間もギリギリぐらいだったんですけど、
腰もへんな方向にこのまま曲がっちゃうんじゃ
ないかと思いました。
暑かったので、匂いもちょっとだったし。

電車で仕事通ってた頃のこと、
めっちゃ思い出しました。

と、言っても私の場合は、社会人になってからは、
近い職場を選んだんですけどね。

学生時代、バイトをいろいろやってたんですけど、
その「超バイト時代」の時に、
1時間半かけて通勤してました。
そして、長時間通勤と満員電車が嫌すぎて、
バイト先を変えました。笑

そのときは、時給1000円でバイトしてたんですけど、
往復通勤3時間かかってたんですね。
時給換算したら3000円じゃないですか。
え、めっちゃ無駄って途中から思い始めて、
速攻でやめました。

そして、地元の、
自転車で10分で行けるバイトに変えました。
時給980円で下がったけど、
結果その方が全然稼げました。笑

しかも家に帰る時間を早められたことで、
夜ご飯食べる時間も繰り上がって
半年経ったらちょっと痩せましたし、

しかもソッコーで帰れることで、
ストレスがだいぶ減って、
帰ってからも何かできたりしたんですよね。

当時は通勤時間浮いた分でどうしても観たかった
ドラマとか観てたかな。

観れるんですよね、往復3時間空いたら。
で、通勤時間の辛い時間が、
観たいドラマ観る時間に変わったことで、
やる気とモチベに変わり、
なんならそのあと課題もはかどっちゃう
みたいなことも多々あった。

結果的に、めっちゃ効率良くない?って気づいたので、
就職のときはもう絶対近くの職場と決めていて、
近くの職場にしました。

 

で、ふと思ったんですけど、
電車通勤の人ってわりと多いですけど、
実際電車通勤だったとしたら
私もどんなもんだったのかしら?と思って、
一旦算出してみました。

片道1時間
電車通勤だとしたら、1週間で

往復2時間 ×5日=10時間

映画なら4〜5本見れる。
本でも5〜8冊ぐらい読める。

映画とか本って人の価値観にすごく影響
与えてくれたりするから、
これだけ見れたら、
下手したら人生観変わりますね。笑

さらに1ヶ月で

往復2時間 × 20日勤務=40時間

年収600万の会社員の人の収入を時給換算すると、
大体3000円くらいと言われてるので、
そうすると、もしその時間働いたとしたら12万。

1ヶ月40時間電車に乗ってることで、
月12万損してることに。

衝撃的。

 

さらに1年で、
40時間 × 12ヶ月=480時間
そうすると、
1年で480時間電車に乗ってて、
年144万も損してることに。

さらに衝撃的!!

こう考えると、引っ越した方がいい人もいるの
ではないかと思えてきました。笑

加えて交通費、外食、交際費問題もありますよね。

 

かつてのこと思い出してみたんですけど、

定期とかすごい高かった気がするんですよね。

しかも家が遠いと
結局時間の関係で外食とか増えて、、、とか
そう考えると、下手したら本当に引っ越した方が
コスパ断然いい人もいそう。

いや書いててほんと衝撃だわ。笑

 

しかもこれ、
480時間÷24時間=20日間。

1年のうち、丸20日は電車に乗ってる。
寝る時間とか省いてるから、込みだとしたら

1年12ヶ月のうち1ヶ月は電車乗るだけの
時間過ごしてるってことじゃないですか。

「丸1ヶ月電車に乗るだけで
時給も何も発生しないお仕事なんですけど、
引き受けてもらえますか?」っていったら
多分誰もやらないと思うんだけど、

でもやってる人結構いるよねっていう。。。
通勤1時間チリ積もの恐ろしさ感じました。

 

電車通勤の苦行思い返してみた

  • 早起きする必要がある。
    (寝る時間が削られる。)
  • 職場についた時点で、疲労感半端ない。
    そこからのパフォーマンスしんどい。
  • 不規則な生活重なると最悪体調壊す。
  • 密閉した車内で、咳とか気になる。
    風邪とかインフルとかのリスク高まる
    (医療費とかで打撃うける、時間取られるのも辛い)
  • 大雪、風などの天候問題の影響
    人身、その他の事故などで、
    遅延、足止めに振り回されて疲れる
  • 半端ない混雑時、下手したら負傷(かつて経験済み笑)
  • 帰宅時間も遅くなる
    (不慮の事態でコントロールできないときしんどい)
  • 男性の場合、痴漢に間違われたりすると社会的打撃

あと、知り合いのサラリーマンの
男の子に聞いたら、
やることないし、ストレスたまるから
スマホゲームで超課金しちゃうとか言ってた。
電車こわい。笑

ほんとは勉強とかしたいけど、
通勤時間は憂鬱すぎて本とか読む気に
ならないそう。
たしかに人の心って単純じゃないよね。

 

人生で一番無駄なものは「移動」


お世話になってる起業家の人から
この前教えてもらったんですけど、

人間の時間、
人生の時間で一番無駄なものは、

「移動」なんですって。

 

なんでかっていうと、
寝るとか、ゴロゴロするとか、
友達と遊ぶとかは、ちゃんとストレス解消の
役割を担ってるし、
体力回復するとか、
そういう役割があるんだけど、


移動っていうのは何もない。

 

移動した先でなにかあるのであれば
仕方ないんだけど、でも、
「移動中=最も生産性のない時間」
らしいんですよ。

ただぼーっとしてるし、
ぼーっとしてるわりには体力回復しないっていう。

 

だから、移動する時間が長いっていうのは、
すごく致命的。

しかも満員電車に乗って、
だとしたら、何も生まれない上に
ストレス増加で、体力消耗っていう、
すごい苦行中の苦行。。。

 

そう考えると、独立や起業をした場合、
在宅での仕事中心か、
もしくはわりとスケジュールも好きな時に
組めるから、その点融通がきくのはやっぱり
良いなーと思いましたよね。

通勤ラッシュとか、満員電車とかは、
避けることができるので。

 

お金の価値より時間の価値

そして、極め付けこれです。
大抵の場合、
時間がないとお金って生み出せないです。

もちろんネットであれば、
「自動化」して、時間を使わずに、
お金を稼ぐということもできるんだけど、
でもそれにしたって、初めは仕組み作る時間
とかもいるわけで、

人と会う時間とか、ビジネスの勉強とかも
そうだけど、何かしたいなって思ったときには
時間が必要なわけです。

同じ使うにしても、
お金は後からでも取り戻すことができるけど、
時間は永遠に取り戻すことができないです。

そう考えると、
「お金」より「時間」の方が、
ずっと価値が高いということ。

経営者の人は、
そういうことをよくわかってる人が多いので、
時短のためにお金を使う方がとても多いです。

たとえば、
電車、バス、徒歩よりタクシーとか。
新幹線よりも飛行機とか。

タクシーや飛行機なら中でビジネスなり、
映画観るなりなんなり好きなことできますしね。

時は金なりといいますが、
結論 「時は金以上」。

 

こうして考えてみると、
移動と時間に関しても、
捉え方変わってきますねー。

 

やっぱ考えるって大事だなー!

 

と、いうことで、
時間の価値、めっちゃ感じたので、
今後も大切に使っていきたいと思います。

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は一昨年ビジネスに出会い、
今は29歳で、独立起業して
2年目を迎えています。


ビジネスを始めた当初は、
うつ病で1日2時間しか
体が動かないような状態でした。


知識も技術も経験も人脈も
全くのゼロスタートでした。


そんな私でも、ビジネスに出会って、
すこしの間だけ真剣に取り組んだところ、
気がつけば人生一気に変わってました。


ビジネスを学ぶ過程で、戦略を立てる力、


人の心を動かす方法、目標達成のコツ、
人間関係のより上手い築き方など
これまでの人生では学べなかったことを
沢山知ることができました。


結果的にうつ病も完治し、

毎日がぐっと”生きやすく”なりました。 



その経験から、
今がどんなに絶望的な状況でも、
生きてさえいて、意志さえあれば、

人生はどこからでも逆転することが
できると確信しています。


そして、そういう人が一人でも
増えれば、 一人一人に活気が溢れ、
世の中の価値やサービスは進化し、
社会全体もこの国ももっと明るく
豊かになると本気で思っています。


 
「個人の幸せの絶対量を増やす」

ことが私の行動理念です。


お金、時間、心、体の自由を手に入れ、

自分の人生を思い通りに生きられる人を
一人でも多く増やすべく発信しています。

また、メルマガでは、
より具体的な思考法、最新の知識、事例、
情報などブログでは話しにくいことも
お話ししています。

興味のある方は、
ぜひメルマガも登録してみてください。

読むだけで「人生の自由度が高まる」みゆの公式メールマガジン


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!
と思われたら、
SNS等でシェアして
いただけると
すごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


follow us in feedly
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です